仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく特徴や仕組みを解説。

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく特徴や仕組みを解説。

投稿日:

リブちゃん
仮想通貨ってビットコインのことだと思っていたけど違うの?
仮想通貨というのは総称のことでビットコインとも違うし、最近は政府が暗号資産という名前に変更したんだよ。
ビットくん
リブちゃん
暗号資産・・?
それが仮想通貨のことなの?初心者の私にもわかるように説明して欲しい。

仮想通貨バブルや仮想通貨の流出など、仮想通貨関連の情報がニュース番組でも頻繁に取り上げられていますよね。

池上彰さんがテレビで初心者にもわかりやすく説明するような番組があったりして、仮想通貨のことをもっと詳しく知りたいという人も多いのではないでしょうか。

特に2019年になって年初から3〜4倍にも仮想通貨の価値が上昇したことで、また多くの日本人が仮想通貨に注目し始めていますので、まずは仮想通貨とは何か?という基本的な部分について解説しますので参考にしてください。

仮想通貨とは何か?ざっくり説明すると・・・

仮想通貨とは法定通貨(日本円や米ドル、ユーロや人民元)のように政府が発行した形ある通貨ではなく、ネット上の存在する形のない通貨のこと。

デジタルデータとして存在し、様々な商品やサービスの購入に使えたり、専門の仮想通貨取引所を通じて日本円や米ドル、ユーロや人民元などの法定通貨と交換することもできます。

仮想通貨の特賞や仕組み

  • 政府にも認められているインターネット上の通貨
  • 特定の国家による価値の保証も管理者もいない通貨
  • ブロックチェーン技術で透明性が高く安全に管理
  • これまでの取引履歴が全て管理され確認できる
  • ビットコインとアルトコインに分類され数千種類ある
  • 仮想通貨取引所で誰でも簡単に購入できる
  • 相場の変動が著しくハイリスクハイリターンになりやすい
  • 世界中どこでも使えて送金手数料も格安で高速にできる

これだけでは十分に仮想通貨のことについて理解できない人も多いと思いますので、初心者にもわかりやすくより詳しく説明していきますね。

仮想通貨とはインターネット上で使える通貨のこと

仮想通貨とは英語で、cryptocurrency(クリプトカレンシー)と呼ばれており、日本語に訳すと暗号通貨とも呼ばれます。

ブロックチェーンや公開鍵暗号、ハッシュ関数などの暗号技術を組み合わせたもので、インターネット上のみに存在し、法定通貨のように手にとって触ることはできません。

初心者が混在しやすいのが

注意ポイント

  • 仮想通貨
  • 暗号通貨
  • 暗号資産

の違いですが、これらは全て同じcryptocurrencyのことで、日本に上陸した当初は仮想通貨や暗号通貨と呼ばれ、日本政府が名称を「暗号資産」に統一するという発表を行ったので、初心者にはよりわかりにくい状態になっています。

今後は暗号資産という名称で呼ばれるようになりますが、まだ仮想通貨の方が耳馴染みが良いので仮想通貨と呼ばれることが多いのかもしれません。

いずれにしても全て同じcryptocurrency(クリプトカレンシー)のことですので、そこまで難しく考えなくても良いと思います。

仮想通貨(暗号資産)の特徴と法定通貨との違いは?

仮想通貨(暗号資産)の特徴と法定通貨との違いは?

仮想通貨の特徴として理解すべきことは、

仮想通貨の特徴

  1. 特定の国家による価値の保証が行われない
  2. 完全に暗号化されたデジタル通貨である

という2つのポイントがありますので、それぞれについて詳しく説明すると・・・

仮想通貨は特定の国家による価値の保証が行われていない

1万円札や千円札、五百円玉や10円玉など普段の買い物で使っている実在する紙幣や硬貨は、日本銀行が発行している日本銀行券であり、その価値を日本政府が保証しています。

だから1万円札の原価は24円ほどと言われていますが、それが1万円の商品と交換できるのは、日本政府が認めた法定通貨だから。

24円の1万円札で1万円の商品と交換できるのは、日本政府が法的に受け取りを拒否できない状態にしているからです。

ちなみに1円玉の原価は1.8円と1円以上の原価で作られているのに、その価値は1円という逆転現象が起こっていますが、それでも1円の価値は1円。

政府が価値を保証し、それを法律で認めているので法定通貨という名称で呼ばれています。

仮想通貨に関しては特定の国家や管理者もおらずに、価値の裏付けも一切ありません。

別の表現で言えば仮想通貨とは通貨ではなく、単なる電子データのこと。

しかし仮想通貨の価値を多くの人が認め始めたことで、法定通貨と同じように様々な商品やサービスの購入に利用できたり、法定通貨でしかできなかったことに利用できます。

仮想通貨でできること

  • 交換
  • 決済
  • 送金
  • 融資

法定通貨とも交換できることが、仮想通貨の価値が世界的にも認められているということ。

日本ではまだまだ仮想通貨や暗号資産が一般的ではないかもしれませんが、世界では仮想通貨専用のATMが5,000台以上も設置され、銀行のATMのようにそこからお金を引き出すこともできます。

ちなみに日本の仮想通貨のATM設置台数はまだ3台ほどと言われていますので、世界的に見ると大きく遅れていると言えるでしょう。

仮想通貨は完全に暗号化されたデジタル通貨である

仮想通貨が世界的にも認められる理由になっているのが暗号化技術による担保が行われているから。

公開鍵暗号やハッシュ関数などの暗号化技術が進化したことで、仮想通貨(暗号資産)の偽造や複製、二重払いという問題も回避できるようになりました。

データの真正性に関してはブロックチェーン技術が適用されていることで確認することができます。

法定通貨のように手にとって決済することはできませんが、ブロックチェーンや電子署名などの暗号化技術の組み合わせでインターネット上にのみ存在しています。

仮想通貨が海外でcryptocurrency(クリプトカレンシー)と呼ばれているのは、暗号化技術が使われているからです。

仮想通貨については金融庁も資金決済法で認めている

法定通貨ではない仮想通貨ですが、仮想通貨を使って決済すること資金決済法という法律に制定されています。

仮想通貨が怪しいと思う人も多いかもしれませんが、日本政府が認めているという部分では安心できるでしょう。

「資金決済に関する法律(資金決済法)」第二条5

一.物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二.不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

出典:資金決済法

法律用語なので少しわかりにくいかもしれませんが、電子情報処理を用いて受け渡しができる財産的価値のあるものを仮想通貨(暗号資産)と認めるということです。

日本政府による価値の保証はないものの、法律でも制定してその存在や利用を認めていますので、多少は仮想通貨の怪しさが消えたのではないでしょうか。

仮想通貨のメリットやデメリットは?

仮想通貨のメリットやデメリットは?

仮想通貨についてなんとなくわかってきたと思いますが、でも仮想通貨を利用することで、どんなメリットやデメリットがあるのか?

法定通貨やこれまでの金融サービスとの違いを知ることで、実際に購入(導入)する必要があるのかということもわかると思います。

仮想通貨のメリットとデメリットを紹介しますので、あなたに必要なものかチェックしてみてください。

仮想通貨のメリットや利点、今後の将来性は?

仮想通貨や暗号資産のメリットは利便性の高さと将来性ではないでしょうか。

仮想通貨のメリット

  • スピード送金で手数料が安い
  • 海外でも両替せずに使える
  • いつでもどこでも取引できる
  • 少額からでも投資できる
  • 資産が倍増する将来性がある

仮想通貨はスピード送金で手数料が安い

仮想通貨の利便性の高さを象徴するのが、送金スピードの速さと手数料の安さです。

例えば、銀行から海外送金をすると2,500〜4,000円ほどの送金手数料が必要になり、さらに外貨への両替手数料も必要になります。

1万円の送金に4,000円以上の手数料を支払うというのは、以前ならまだしも現在ではもったいない話ですよね。

仮想通貨や暗号資産を海外送金した場合、送金手数料は無料ないし数百円レベル。

しかも送金はすぐに実行されるので金融機関が休みで日数がかかったり、承認に数日を要することもありません。

仮想通貨だと早ければ数分〜数十分で完了しますが、銀行送金ではどんなに早くても翌日以降の着金になりますよね。

これは国内送金でも同様ですので、送金スピードの速さとその手数料の安さという利便性の高さを実感してしまうと、法定通貨よりも仮想通貨の方が便利になるでしょう。

仮想通貨の送金は相手の情報をもらって、仮想通貨取引所を介して送金額を入力するだけですので、非常に簡単に送金手続きを行うこともできます。

仮想通貨は海外でも両替せずに使える

日本円を持って海外に行くと、旅行先では絶対に両替しないと受け取ってもらえませんし、両替手数料を支払って両替所で現地通貨に両替する必要があります。

しかし仮想通貨でも一番ポピュラーなビットコインを持っていれば、日本でも海外でもビットコイン決済できるお店が増えており、そこでは両替をせずにそのまま支払いに利用できます。

特定の国が保証していないことが不安かもしれませんが、ビットコインの価値は世界共通ですので、日本でもアメリカでもヨーロッパでもどこでも決済端末さえあれば、渡航先でも利用することができます。

仮想通貨のATMがある国であれば、そこからそのまま現地通貨を引き出せますので、日本円→現地通貨というムダな両替手数料を支払う必要もありませんし、残った現地通貨はそのままATMに入金すればOKです。

仮想通貨はいつでもどこでも取引できる

株式投資をしている人だと、証券取引所の営業日にあわせてしか取引を行うことはできません。

仮想通貨は株式投資というよりもFX(外貨投資)に近いので、24時間365日市場が休むことなく取引を行っています。

平日は仕事で多忙で夜か週末しかパソコンやスマホで取引ができないという人でも、仮想通貨ならいつでもどこでも取引可能ですので、汎用性が高くおすすめです。

仮想通貨は少額からでも投資できる

ビットコインが200万円超えとか今年で言えば150万円になったとか・・・仮想通貨取引は高額な資金を持っていないとできないイメージがあります。

でも実際には1BTC(ビットコイン)を購入するのではなく、0.001ビットコインとか、0.0000001ビットコインとかの取引から可能なんです。

初期投資額は5万円でも10万円でもOK!

ビットコイン以外のアルトコインであれば、まだまだ価値の低いものも多いので、そういった仮想通貨に投資する人は少額で資産運用を開始することができます。

仮想通貨は資産が倍増する将来性がある

ビットコインは2017年1月から2018年1月までに価値が20倍以上になり、仮想通貨バブルが到来しました。

ここで多くの人が億り人になったことがテレビや雑誌で特集され、多くの日本人が仮想通貨投資に参入しましたが、その後の大暴落はみなさんも知っていると思います。

2019年だけでも年初から3〜4倍に相場が上昇していますし、良いタイミングで投資することができれば、ビットコインの購入が資産運用になることもあるでしょう。

ビットコイン以外の仮想通貨でもそのような傾向があり、特にアルトコインと呼ばれる1,000種類上の仮想通貨の中にはまだ値段が安いものもあり、今後に相場が上昇すると言われているものも多数あります。

さらに言えば、仮想通貨が電子マネーのように一般的な決済方法として認められる時代が来れば、将来性も開けてくると思いませんか?

誰もが電子マネーで決済したり、コンビニの決済サービスを利用するという時代がもう来ていますから、いつそこに仮想通貨が登場してもおかしくありません。

世界的に仮想通貨には注目が集まっており、フェイスブックもリブラという仮想通貨を発行する準備を進めていますので、資産面だけではなく様々な部分で将来性があると思いますよ。

仮想通貨のデメリットや欠点、気になるリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)には多くのメリットがあるだけではなく、いくつかのデメリットも存在しています。

メリットだけを考えて仮想通貨に投資してしまうと、大きなリスクを抱えることになりますので、デメリットについても理解しておきましょう。

仮想通貨のデメリット

  • 値動きが激しく暴落するリスクもある
  • ハッキングによる盗難や紛失リスクがある
  • 詐欺通貨も多く確認されている
  • 法律による規制が行われるリスクもある

仮想通貨はハッキングによる盗難や紛失リスクがある

つい先日もビットポイントで仮想通貨の流出があり、30億円以上のビットコインやイーサリアムなどが不正流出しましたよね。

仮想通貨取引所のビットポイントで仮想通貨が30億円分以上も流出!
仮想通貨取引所のビットポイントで仮想通貨が30億円分以上も流出!

仮想通貨取引所のビットポイントで仮想通貨が30億円分以上も流出したことが確認されています。今回も不正アクセスで巨額の仮想通貨(暗号資産)が流出しました。ビットポイントの今後の対応と流出の内訳などの情報を徹底解説します。

仮想通貨取引所という専門機関でもハッキング等による流失事件が起こるわけですから、素人である私達はもっと安全面に配慮する必要があります。

仮想通貨はスマホやパソコンにインストールしたウォレットと呼ばれるアプリに保存して管理しますが、必要以上の金額はホットウォレットで保管するのではなく、コールドウォレットに移動しておきましょう。

注意ポイント

  • ホットウォレット:インターネットを通じて仮想通貨の操作ができるウォレット
  • コールドウォレット:インターネットと完全に切り離されたウォレット

ネット上にあるからハッキング等で仮想通貨が流出してしまいますので、ネットから切り離してしまえば、流出するリスクはありません。

ただコールドウォレットも落としてしまえば、現金とは違っていくらの価値があるものか?

そもそも仮想通貨が入っているのかということも一般の人にはわかりませんので、あなたの手元に戻ってくるのを期待するのは難しいでしょう。

財布を落としたり、財布をすられたりするのと同じように、コールドウォレットに保管していても仮想通貨を紛失するリスクはありますので、十分に注意してください。

仮想通貨は詐欺通貨も多く確認されている

仮想通貨って実は誰でも簡単に発行することができるものだということを知っていますか?

CounterpartyやWavesなどのプラットフォームを利用することで、誰でも簡単に仮想通貨を発行することができ、ICOが日本でもブームになりました。

ICO詐欺(スキャム)が多発したことでICOで仮想通貨を手に入れることができなくなり、最近ではIEOという事前にトークンを手に入れる方法で上場前の仮想通貨を持つことができるようになっています。

まだまだ詐欺通貨が多かったり、誰の目にも触れないまま消えていってしまう仮想通貨もあるので、購入時にはしっかり見極めるようにしてください。

一部の人から有名人や著名人と呼ばれるような人がセミナー等で絶対に値上がりするとか、儲かるという告知をしている通貨には、怪しいものが多いので絶対に避けた方が良いと思います。

初心者のうちは取引所以外で購入できる仮想通貨は全て詐欺通貨だと思うくらいの慎重さが必要だと思いますよ。

仮想通貨は法律による規制が行われるリスクもある

フェイスブックが発行予定のリブラ、法定通貨や現実世界の商品とベックすることで価値を担保すると注目されていました。

しかしFRB議長が「マネーロンダリングやプライバシーなどで深刻な懸念がある」ということで慎重に協議すべきだという発言を行っています。

フェイスブックとしては2020年までに仮想通貨のリブラを発行し、新興国でも送金や資金移動を簡単にできるようにという目論見がありましたが、アメリカ当局が承認しない限りは発行しないというスタンスに変更しました。

このように発行元が発行したくても法整備が追いついていなかったり、従来の仮想通貨とは異なる概念を持っている場合には、発行ができない場合もあります。

2018年3月のG20でも仮想通貨の動向に対して「監視を求めること」という結論が出されていますので、法律の影響を受けやすい状態だと理解してください。

実際に2017年の中国では政府が仮想通貨の取引量を制限した途端に、仮想通貨の相場が大幅下落する自体に陥っていますので、政府や法律による規制リスクがあることを理解しておきましょう。

仮想通貨でなぜビットコインが注目されるのか?

仮想通貨でなぜビットコインが注目されるのか?

仮想通貨=ビットコインと理解している人も多いと思いますが、その理由は簡単で、最初に発行された仮想通貨がビットコインだったから。

元々ビットコインは、2008年にナカモトサトシさんという経済学者が「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文を発表したことから始まっています。

その論文を元に2009年にソフトウェアが公開され、代表的な仮想通貨として知られる「ビットコイン(BTC)」が誕生しました。

だからこそ、仮想通貨=ビットコインという認識の人が多いんです。

2010年にはビットコイン取引所が解説され、仮想通貨の基礎がこの時点で出来上がっていたことがわかりますが、まだまだ当時はあくまでも仮想のもの。

自分でマイニングすることもできましたし、社会的な価値はほとんど認められていませんでした。

ただビットコインは通貨の発行上限が2,100万枚と決められいることで、将来的にインフレにならないように設計されているのも特徴のひとつです。

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称

ビットコイン以外にも多くの仮想通貨が発行されており、代表的なものとして

アルトコインとは

  • イーサリアム
  • ネム
  • ライトコイン
  • リップル
  • イーサクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

などがありますが、これらを総称して「アルトコイン(Alternative Coin:代替のコイン)」と呼んでいます。

アルトコインの種類は1,000種類以上あり、様々な特徴を持っていますが、すぐに消えてしまったり、資産価値が上昇しないものも多いので購入時にはしっかりチェックしましょう。

アルトコインの中でも草コインと呼ばれるような将来有望と言われている仮想通貨もありますが、海外の仮想通貨取引所でしか購入できません。

草コインには一時的に価値が急上昇たもの、その後暴落してしまったもの、想定通りにならなかったものなどがありますが、将来性や夢を買うという意味では軽い気持ちで投資するのもありだと思います。

仮想通貨とは何か?の記事まとめ

この記事では仮想通貨とは何かという本当に基本的なことを紹介してきました。

法定通貨とは違い価値が保証されていないものの、世界的に仮想通貨の価値が認められ、多くの人が購入することで現在の相場が形成されています。

仮想通貨を取り巻く技術も非常に向上し、暗号化技術の進化でより安全な通貨へと成長している仮想通貨。

メリットもデメリットもありますが、今後の社会インフラの構築とともに間違いなく世の中で一時代を作ることが予想できますので、早めに一度使っておくと良いでしょう。

仮想通貨とは何か まとめ

  • 仮想通貨とはインターネット上で使える通貨のこと
  • 金融庁も法律で仮想通貨による取引を認めている
  • 仮想通貨の日本での正式名称は暗号資産に決定
  • ブロックチェーン技術や暗号化技術で安全性を保持
  • 送金手数料が安く、送金スピードも早く海外でも使える
  • 資産価値が倍増したり将来性の高さが注目されている
  • 相場の変動が大きく価値が上昇したり下落することも
  • 仮想通貨はビットコインとアルトコインに分類される

仮想通貨を購入するためには、仮想通貨取引所に登録することから始まります。

現在は仮想通貨取引所への新規会員登録は無料でできますので、少額を購入してみて使ってみると利便性の高さがわかるかもしれません。

-仮想通貨の基礎知識
-, ,

Copyright© 仮想通貨の買い方、儲かる暗号資産やリスクの低い取引所まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.